中級の幹部分級管理考课システム

概要

現状:
1.紙で資料を記入して、用紙コストが高い。
1.報告書は手動計算で、効率が低い。
3.手動操作には人為的なミスがある。
4.病院の情報化に不利である。

機能要件
1. 異なるレベルの考课。
2. 異なる権限を考课に割り当てる。
3.考课規則により、自動計算して報告書を作成する。
4.ペーパーレス考课を採用する。

基本内容
病院のすべての中級の幹部の勤務番号、氏名、課室、職務などの基本的な情報が含まれる。

データ収集
ログインパスワードを修正する。

考课の執行
権限のある幹部は、毎月考课が必要な人員を考课し、考课得点と減点理由を記入する。
考课をしない場合、考课された人員はデフォルトで満点です。

クエリー統計
未考课者の情報を確認することができる:勤務番号、氏名、連絡電話など。
すべての考课結果を各被考课者ごとに、異なる得点計算式によって管理業績および仕事量業績を算出する。
すべての被考課者の考課計算結果をEXCELで導出できる。

システム流れ
開始→PC端末管理者登録システム→ファイリング(初期化当月考课データ)
移動端末考课者登録インシステム→他人の考課(異なる身分で異なる被考課者を考課する)
PC端末管理者登録システム→ファイリング(当月のすべての考课情報をファイリングする)→ファイリング(すべての被考課者の当月の考課結果を導出する)


データ流れ
開始→PC端末管理者登録システム→ファイリング(初期化当月考课データ)
初期化後の考课ステータスビットは0(未考课)で、得点は100(満点)です。
移動端末考课者登録インシステム→他人の考課(異なる身分で異なる被考課者を考課する)
被考課者はある考課者の役に対して関連考課者がない場合、考課完了後、考課ステータスビットは2(考課完了) です。
被考課者はある考課者の役に対して関連考課者がある場合、1つの考課者の考課が終わった後、考課ステータスビットは1(関連考課者の確認待ち)で、関連考課者がもう一人の考課者の考課結果が何も修正して提出しないことを確認するまで、考課ステータスビットは2です(考課完了)。
PC端末管理者登録システム→ファイリング(当月のすべての考课情報をファイリングする)→ファイリング(すべての被考課者の当月の考課結果を導出する)
ファイリング後、すべての被考課人の考課結果をファイリング表に記録し、導出用EXCELとして残す。

中級の幹部分級管理と考課システムはPC端末と移動端末に分けられる。
PC端末には考課結果のファイリング、考課の完了状況の確認、ユーザー管理が含まれる。
移動端末には考課完了概況情報、考課時の考課身分一覧、被考課人員一覧、考課操作が含まれる。

1. PC端末登録
PC端末には、ユーザーキャラクターがバックグラウンド管理者であるユーザーのみがログインできる。


2. PC端末ファイリング
2.1. 初期化
毎月の初めに、 バックグラウンドの「ファイリング」メニューの「初期化」ボタンをクリックすると、その月のすべての考課すべき記録が新しく作成され、すべての考課者のすべての考課が減点されないことを黙認してすべて満点である。
初期化が完了したら、考課者は移動端末のページに登録すれば、今月中に考課役によって考課する必要がある者を見ることができ、これらの被考課者に対して考課を行う。
データを初期化する際に満点で作成されるため、考課者が考課操作を行わない場合には、被考課者の得点がデフォルトの初期満点となる。

2.2. ファイリング
考課を終了した後(未被考課者はデフォルトで100点となる)、「ファイリング」ボタンをクリックすると、すべての考課情報を被考課者の適用する公式により、結果を計算し、結果をデータベーステーブルに保存し、次の操作を待つ。

2.3. エクスポート
ファイリングした後、すべての被考課者の考課結果をExcel表に導出でき、閲覧に供する。



3. PC端末考核完了状況
当月のすべての考課者と被考課者の考課状況を確認することができる:
• 未完成考課の考課者の人数と基本情報を確認することができる。
• 未被考課の被考課者の人数と基本情報を確認することができる。
• 考課の減点状況を確認することができる。
• 「未考課」、「考課中」、「考課済み」の被考課者及び考課者の基本情報を確認することができる。


4. PC端末ユーザ管理
ユーザ管理表示システムには、すべてのユーザの基本情報がある:勤務番号、氏名、課室、職務、職階、連絡電話とメールボックスなど。
ユーザが自分のパスワードを忘れた場合、「パスワードリセット」ボタンを押すと、ユーザのパスワードを「123456」に初期化することができる。

1. 移動端末の登録
考課権限があるユーザのみが自分の勤務番号とパスワードで移動端末を登録することができる(WeChatスキャン二次元コード登録)。

2. 移動端末のホームページ
登録が成功すると、移動端末のホームページ画面を開く。
移動端末のホームページで考課者の数量を確認することができる: 未考課の人数、考課済みの人数や考課に必要な人数など。
移動端末のホームページで考課タスクが完了したかどうかの情報提示を確認することができる: 考課任務未完!あるいは考課任務済み。

2.1. ページジャンプ
左上のメニューでページ間のジャンプができる。「メインページ」の未考課の人数の提示情報行をクリックすると、「他の人を考課するページ」にジャンプすることもできる。

3. 移動端末の個人情報
移動端末の個人情報画面では、個人の基本情報(携帯電話番号やメールアドレスなど)を修正したり、ログインパスワードを修正したりすることができる。
作成基本情報の目的はバックグラウンド管理者がファイリングする時、未考課者がある場合、考課者が残している携帯電話番号や電子メールを通じ、考課者に連絡 する。
ログインパスワードを変更する目的は、アカウントのセキュリティを保証するためです。初期パスワードは同じですので、ログインユーザは自分のログインパスワードを変更する必要がある。


4. 動端末の他人考課
4.1.考課者の身分一覧
考課者の身分一覧は登録ユーザが多種の考課者の身分を表示する。
考課者によって考課身分が異なる。
各考課者の考課得点は対応する公式に代入され、全部で15の公式が適用される。
公式に考課身分によって整理した次の10個の考課者身分:
⑴病院のリーダ
⑵職能部門
⑶職能部門1リーダ
⑷職能部門2リーダ
⑸上級幹部
⑹科看護師長
⑺上級科主任2
⑻本科科主任1
⑼本科科主任2
⑽本科科主任3
考課者の身分一覧では、「ワンキースコア(デフォルト100点)」ボタンをクリックすると、すべての未考課者に100点を評価して、1つ1つの確認提出が必要ない。


4.2. 被考課者の一覧
考課者の身分により、考課に必要な人員一覧の画面に入り、当該考課身分下で必要なすべての人員情報を表示する。
ある被考課者が他の考課者と一緒に考課する場合、一覧画面に「共同署名」のメッセージが表示される。
「課室」、「職級」、「氏名」により、被考課者を選別することができる。
被考課者が他の考課者と一緒に考課しない場合、考課が完了した後、❤は緑色になり、考課が完了したことを表す。
被考課者が他の考課者と一緒に考課する場合、考課が完了した後、❤まだ赤いままで、考課状態は考課中になる。
相手方が考課結果を提出した後、修正提出をしないで、相手方の考課結果に同意する場合、❤は緑色になり、考課が完了したことを表す。
         
4.3. 考課
考課ページでは「減点」、「考課指標に対応」、「減点理由」を記入して審査を完了する。
減点値が0より大きい場合は、「評考課標に対応」と「減点理由」を記入しなければならない。

その他の製品